時計買取の際の注意点

時計

査定前のクリーニングが重要

購入した時計を売る際は、少しでも高く売りたいものですよね。そこで時計を高く買い取ってもらうために、査定前の注意点を紹介します。まず、コピー品ではないか・故障はないか・故障していても修理できる範囲なのか・時計本体はもちろん、外箱や内箱、説明書、保証書などの付属品がすべて揃っているのか、という4点をクリアしなければ、買取ってもらえないケースがほとんどです。この4点をクリアしているかどうか、あらかじめ確認しておきましょう。付属品については揃っていなくても買い取ってもらえますが、ある場合に比べると1万円以上も割り引かれてしまうことがあります。その上で値段をつける際、流行りや在庫など以外に時計のクリーニングにどれくらいの費用がかかるかによって買取金額に差がでます。時計本体やベルトなどに目立った汚れがあればあるほどクリーニング費用がかかるため、買取金額が下がってしまいますので、査定に出す前にある程度は自分でクリーニングをしておきましょう。クリーニングは綿棒やつまようじ、メガネ拭きなどを使用して、ベルトのコマの間やバックルの内側などをの汚れを拭き取ります。特に時計本体の裏蓋やベルトは、使用していればいるほど皮脂汚れが目立ちやすいので、丁寧に掃除することをおすすめします。なお、クリーニング中に時計本体の中に水や洗剤などが入ってしまわないように十分に注意してください。どうしても落ちにくい汚れは、ほんの少しのアルコールを使用すると落ちやすくなります。革製品の場合は色や硬さが変化しやすいため、水洗いは厳禁です。十分に注意しつつ専用のクリーナーを使用し、直射日光の当たらない風当たりの良い場所で干すようにしましょう。

Copyright© 2018 ブーツ買取を依頼!【複数の買取業者に査定依頼をすることも大切】 All Rights Reserved.